整腸効果はあるか

日和見菌を善玉菌に偏らせるためには、オリゴ糖が重要なことは間違いありません。このオリゴ糖は、そのままでは整腸作用に影響を与えることがない成分です。ただし、腸内のごみは排出させようという働きだけは持っています。これが整腸作用になってくるわけではありません。

オリゴ糖オリゴ糖は、善玉菌の餌だけではなく、中立状態になっている日和見菌の餌となり、善玉菌になっていきます。悪玉菌の餌にはならないため、バランスを善玉菌に偏らせられるところがポイントです。そのため、突然善玉菌が増えたりするわけではありません。体調が悪くなったときに抗生物質を使いますが、こうした状態の時には善玉菌も減ってしまっています。ここに突然オリゴ糖を入れても、食べてくれる相手がいません。善玉菌を含んでいるヨーグルトともに摂取するといった方法をとるのも、バランスを整えるために重要といえるでしょう。相乗効果によって、腸内の善玉菌も活性化していきますし、日和見菌を善玉菌に偏らせることで、成長効果を高めていくことができます。

オリゴ糖だけでは整腸効果をあげられない成分であることを踏まえて、善玉菌も増やせるように、うまく食生活も考えていくことが重要といえるでしょう。

【関連体験】便秘の解消