作用と副作用

便秘を考え、オリゴ糖の摂取を考えたときには、必ず継続していくことが重要です。早めに効果が出てくることで知られていますが、実際にいきなり効果が上がるわけではありません。それなりに時間もかかりますし、体質も変えていかなければいけないからです。効果がないと思っていても、ゆっくりと継続していけば、体質も変わってくるようになり、だんだんと便秘の解消を感じられるようになっていくでしょう。

オリゴ糖オリゴ糖も糖分です。摂取しすぎれば、問題が出てくることも理解しておかなければいけません。腸内で善玉菌が増加して悪玉菌が減少します。これは、問題があることではありませんが、死滅反応が出てくるケースが問題です。一過性ではありますが、おなかが張ったり、蹴りをしたりするケースが見られます。こむら返りを起こすといった、おなかとは関係ない反応も忘れてはいけないでしょう。アレルギーを持っている場合には、医師に相談してから始める必要もあります。

オリゴ糖にも相性があり、1種類でいいわけではありません。複数のオリゴ糖が存在していますので、長い目で見ながら複数の種類を摂取していくといいでしょう。特に効果を感じられないときには、相性も踏まえておけば間違いありません。

整腸効果はあるか

日和見菌を善玉菌に偏らせるためには、オリゴ糖が重要なことは間違いありません。このオリゴ糖は、そのままでは整腸作用に影響を与えることがない成分です。ただし、腸内のごみは排出させようという働きだけは持っています。これが整腸作用になってくるわけではありません。

オリゴ糖オリゴ糖は、善玉菌の餌だけではなく、中立状態になっている日和見菌の餌となり、善玉菌になっていきます。悪玉菌の餌にはならないため、バランスを善玉菌に偏らせられるところがポイントです。そのため、突然善玉菌が増えたりするわけではありません。体調が悪くなったときに抗生物質を使いますが、こうした状態の時には善玉菌も減ってしまっています。ここに突然オリゴ糖を入れても、食べてくれる相手がいません。善玉菌を含んでいるヨーグルトともに摂取するといった方法をとるのも、バランスを整えるために重要といえるでしょう。相乗効果によって、腸内の善玉菌も活性化していきますし、日和見菌を善玉菌に偏らせることで、成長効果を高めていくことができます。

オリゴ糖だけでは整腸効果をあげられない成分であることを踏まえて、善玉菌も増やせるように、うまく食生活も考えていくことが重要といえるでしょう。

【関連体験】便秘の解消

難消化性オリゴ糖

そもそもオリゴ糖とは何かといえば、単糖が2個から10個つながった糖類であり、少糖類と呼ばれています。一般的に糖類は10個以上つながっているからです。糖類ですが、甘みがあるかといえば、砂糖よりは甘くなく、カロリーは約半分しかありません。料理や飲み物に入れるときには、あまり効果が出てこないため砂糖を使う方が多いでしょう。

腸オリゴ糖と一口に呼びますが、実は20種類もの種類があり、どれでも便秘に聞くわけではありません。難消化性オリゴ糖を使うところがポイントで、簡単に消化されずに腸内まで届くようにできるからです。腸内に届けば、日和見菌の餌となり、善玉菌に偏っていくようになり、腸内環境を整えられるようになります。実際に善玉菌に偏り始めると、腸内は酸性となるところが重要です。これによって、悪玉菌の繁殖が抑えられるようになって、環境は改善されて便秘の改善につながっていくようになります。あくまでも便秘改善の第一歩ではありますが、腸は第二の脳とも言われ、健康に大切な臓器です。その環境を自然と整えられるのですから、大きな意味が出てくるでしょう。女性ではどうしても気になってくる肌荒れにも効果をあげてくれるようになります。

整腸効果はあるか

オリゴ糖と便秘

日本も食生活は大きく変わってきました。古くから食べられてきた日本食は少なくなり、欧米化してきたことは間違いありません。良かった面もありますが、その反面で食物繊維の取得不足が大きな問題になってきています。その中でも水溶性食物繊維の取得不足は、便秘にも大きな問題を呈するようになってきているのは間違いありません。かつての一汁三菜は、食物繊維をたっぷりと取得できる食事でした。腸内環境も正せる食生活でしたが、欧米化が進み、肉食を中心としていくことで、これまで取れていた食物繊維は不足してきたのが大きな問題です。こうした状況をカバーするために、オリゴ糖を活用するのは、一つの解決策となってきました。

食物繊維だからといって、食物繊維を取得すればいいのかといえば、そんなに簡単な問題ではありません。腸内細菌の動きが活性化できるように、水溶性の食物繊維をとっていかなければいけないでしょう。実際に野菜に含まれている食物繊維は、不溶性がおおく、なかなかうまく摂取できません。そこで活躍してくれるのが、オリゴ糖になってきます。

腸内には、驚くほど多くの細菌がいます。数を数えるよりも、重さにしたら1kgもの目に見えないような細菌がいると思うと、その量の多さがわかるでしょう。最近の中にも、善玉菌や悪玉菌、どちらにもなれるが様子を見ている日和見菌がいます。どちらが優勢になってくるかで便秘になってしまう可能性がありますが、このバランスを変えるのがオリゴ糖なのですから、参考にして体調管理をしてみてはいかがでしょうか。

難消化性オリゴ糖